妊娠中の方へ

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

※クリックすると拡大して表示されます。

こんなお悩みありませんか? 出産前に歯医者さんに
行くべきかなぁ……
つわりがひどくて
ブラッシングできない……
おなかの赤ちゃんが心配で
検査を受けるのが怖い……

このようなお悩みは、下総中山の「岡本歯科クリニック」までご相談ください。

赤ちゃんのお口の健康は、妊娠中に決まります

赤ちゃんのお口の健康は、妊娠中に決まります

妊娠おめでとうございます。かわいい赤ちゃんに会えるのが楽しみですね。さて、妊娠中のお母さんがお腹の赤ちゃんのために、すぐしてあげられることがあります。それは、歯のトラブルが起きやすい今の状態について知り、お口の中の健康を保つ努力をすることです。それが、ゆくゆくは赤ちゃんのお口の健康につながります。

妊婦さんは、虫歯や歯周病になりやすいって本当?

妊婦さんは、虫歯や歯周病になりやすいって本当?

妊娠中の女性が歯のトラブルリスクが高いのは、残念ながら本当のことです。ホルモンバランスの変化によって唾液の分泌量が減る上に粘度が増し、非常に菌が繁殖しやすい状態になります。そこに、つわりで奥まで歯をしっかり磨けない、ちょこちょこ食べによって、常にお口の中に食べ物がある状態といったマイナス要因が加わります。

そこで、いつも以上に歯の予防ケアが必要になります。しっかり予防ケアをすることは、お母さん自身にとってはもちろん、生まれてくる赤ちゃんにとっても重要。赤ちゃんが虫歯になる原因の多くは、お家の方、中でも一番よく接するお母さんからの感染だからです。正しいケアをして、お母さんと赤ちゃんの歯をしっかり守りましょう。

定期検診でお口の中をチェックしましょう!

定期検診でお口の中をチェックしましょう!

妊娠中のお母さんが虫歯や歯周病などにかかりやすい理由はおわかりいただけたと思います。しかも、いざかかってしまうと、長時間の治療が母体の負担になったり、胎児への影響を考えて使えない薬があったりと、治療に制約があります。そこで、大切になるのが予防。体調のいい日を選んで定期検診へ行き、プロによるメインテナンスを受けることが、予防につながります。

お母さん自身の生活を整えることが、赤ちゃんのお口の健康につながります!

お母さん自身の生活を整えることが、赤ちゃんのお口の健康につながります!

個人差はありますが、赤ちゃんに最初の乳歯が生えてくるのは、生後3~9ヶ月が標準的。でも、お腹にいる妊娠7週目には、歯の芽ができ始めることがわかっています。つまりお母さんの妊娠中の生活習慣が、将来の赤ちゃんの歯に影響を与えると考えていいかもしれません。とは言っても、あまり神経質になる必要はありません。自分でできる範囲で、栄養バランスのいい食事と適度な運動を心がけること。そういう意識が、将来の赤ちゃんの歯の健康の手助けになるのです。

下総中山の「岡本歯科クリニック」が、妊娠中のお母さんの不安・疑問にお答えします!

Q1:赤ちゃんの虫歯って、お母さんが原因と聞いたのですが、本当ですか?
A1:そうですね。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はありません。お母さんが、自分が使ったスプーンで赤ちゃんに食べ物をあげたり、同じコップを使ったりすることで、虫歯菌が感染してしまうケースが多いのです。
Q2:妊娠中でも治療は受けられますか?
A2:基本的には4~7カ月が一番安定していると言われるため、この時期に治療することをお勧めいたしますが、それ以外でもほとんどの場合、受診いただけます。かかりつけの産婦人科に全身状態や麻酔、投薬などを問い合わせて、状態を把握した上で診療いたしますのでご安心ください。
Q3:もうすぐ臨月を迎えますが、歯が痛くてつらいです。診ていただけますか?
A3:いよいよ赤ちゃんと会えますね! 痛みが強くてどうしようもない場合は、応急処置が必要ですので、ご来院ください。基本的には、いつ陣痛が起こるかわからないこの時期は、治療は避けるほうが無難です。以前からの治療が継続している場合、いったんお休みして、出産後治療を再開することもあります。
Q4:レントゲン撮影に抵抗があります。お腹の赤ちゃんに影響はないでしょうか?
A4:お口の中の撮影ですので大きな影響はないと考えられていますが、避けられるなら避けたほうがいいでしょう。こうならないためにも、予防ケアをしっかり受けておきたいものです。なお、どうしても受ける必要がある妊婦さんのために、当院では、X線を遮断する専用のエプロンをご用意しています。
Q5:歯の痛みが強いのですが、痛み止めは出してもらえますか?
A5:できるかぎり、妊娠中の薬の服用は避けるのがいいと思います。けれども、痛みが強いなど、どうしても必要なときもあります。痛み止めの中にも、安全性が高いと認められているものがありますので、そういったものを最小限の量処方することは可能です。
Q6:麻酔は、お腹の赤ちゃんに影響することはないのでしょうか?
A6:歯科治療では、局所麻酔を使うので、お腹の中の赤ちゃんへの影響については神経質になることはないといわれています。それよりも、痛みがお母さんのストレスになり、それが赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があります。必要な場合は、産婦人科に確認の上で麻酔を使用することはあります。
Q7:妊娠中の正しい予防ケアについて教えてください。
A7:つわりがひどくていつものようにしっかりブラッシングできなくても、うがいだけは必ずしてほしいと思います。そして何より、欠かさず定期検診を受けること。クリーニングなどのケアを受けると同時に、医師や歯科衛生士から日常生活での予防ケアをしっかり学ぶことが大切です。

お問い合わせ・ご予約はこちらから